不意な出費の多い年末年始にカードローンを利用するには

年末年始の急な出費

年末年始はほとんどの方が仕事もお休みとなり、
新しい年を迎えるべく、ゆっくりと自宅で過ごしたり、
レジャーや旅行などを楽しんだりと、ある種特別な過ごし方をする場合が多いかと思います。

そのためには計画を立てて、必要なお金を用意することになりますが、
こういった時期でも病気や事故などの、突然の出費というのは避けてくれるわけではありません。
そんな時期に急にお金が必要になってしまったなら、あなたならどうしますか?

お金を用立てる、つまりお金の借り入れ先の選択肢としては、
消費者金融、銀行、クレジットカードのキャッシング枠などがあります。
これらのどれかのカードをすでに利用しているという場合であれば、
ATM等が稼動してさえいれば、借り入れが可能となります。

では、これまで特にこういったキャッシングサービスを利用しておらず、
申し込み段階からの手続きが必要な場合について、どうしたらよいのか考えてみたいと思います。

申し込みに対応していない期間

年末年始の休業期間は、基本的には業者によってまちまちですが、
共通して休業である期間はこの四日間。12月31日、1月1日、1月2日、1月3日。

この期間は、ほぼ確実に店舗は休業であると考えられます。
最近のカードローンでは、パソコンやスマホからの申し込み(新規でカードを作る場合)には
365日、24時間対応している場合がほとんどですが、
申し込みは可能であっても、審査自体は店舗の営業が始まってからでなければ対応していません。

では消費者金融の自動契約機からの申し込みはどうなのかといいますと、
やはり年末年始の休業期間には対応していない業者がほとんどです。

年末年始の休業期間

年始にお金を借りるには

年始のお金の借入は銀行でも消費者金融でもクレジットカードでも、
どちらにしろ事前に申し込みから審査、そしてカード発行までの完了しておく必要があります。

コンビニでの借り入れが可能なカードであれば、
コンビニのATMを利用して借入を行うことができますので、
急にお金が足りなくなってしまった時でも、融資を受けることができるのです。

このような準備をしておけば、お金が足りなくなってしまった場合にも、
審査が甘い金融業者に仕方なく頼ることもなくなりますので、
年始であっても安全に必要なお金を用立てることが可能になってくるのです。